• ホーム
  • 花粉症は市販薬でどうにかする人がほとんど、人気の市販薬は

花粉症は市販薬でどうにかする人がほとんど、人気の市販薬は

昨今では市販薬の性能がどんどん向上していて、市販薬で花粉症の症状を解決できるケースも増えています。忙しくて病院に行く時間をなかなか確保できない方にとっても、市販薬は非常に便利と言えるでしょう。

市販薬の中でも特に人気になっているのがザイザルです。ザイザルはレボセチリジン塩酸塩を配合した医薬品となっています。ヒスタミンの受容体に対する拮抗作用を発揮し、アレルギーによる症状を改善することが出来ます。蕁麻疹や花粉症などの対処に使いやすいのが特徴となっています。1日に1回服用することで効果を発揮します。1回だけで1日中効果が持続することは大きなメリットとなっており、人気のポイントになっています。

副作用として眠気が発生することもあるので、就寝前に飲むことが重要と言えるでしょう。7歳以上15歳未満の小児の場合は半分の量を飲むことになります。6歳以下の小児については服用することが出来ません。眠気の他の副作用としては頭痛、疲労、倦怠感があります。これらはある程度想定される症状なので、軽度であれば特に問題はありません。しかし、呼吸困難や血圧低下、歯茎の出血などが発生した場合には服用を中断し、医師に相談する必要があります。

ザイザルは基本的に経口薬ですが、中には点鼻薬も存在します。鼻づまりなどで悩んでいる方の場合は点鼻薬を使用することが特に有効となります。経口薬は持続性に優れており、点鼻薬は即効性に優れているのでどちらを使用するかを決めることが大切です。ザイザルは薬局やドラッグストアなどで気軽に購入することが出来ます。花粉症のシーズンになると一気に売れ行きが良くなり、お店によっては売り切れてしまうこともあるかもしれません。そのため、少し時期に余裕をもって購入しておきましょう。その場合には使用期限に注意しておきましょう。薬局やドラッグストアなどによっては価格が異なることや極端に安い価格で販売していることがあります。インターネット上の通販サイトで購入することも出来ます。まとめ買いをすることによって価格を抑えられるケースもあるので、チェックしてみることをお勧めします。

ザイザルは効果の大きい医薬品ではありますが、全ての方に効果が出るとは限りません。服用を続けていても効果が出そうにないという場合には、他の薬に変更することも検討しましょう。効果が出なくても服用量を増やしたりすることは危険であり、用量を守ることが重要となっています。安い価格で購入したいときにはショップごとの値段を比較することが有効です。