• ホーム
  • 花粉症の症状は食事で緩和できる?喉に良い食べ物も紹介

花粉症の症状は食事で緩和できる?喉に良い食べ物も紹介

アレルギー反応はヒスタミン受容体に原因物質が入ることで起こりますが、そのアレルギー反応と重要な関係があるのが免疫機能です。アレルギー反応とはいわば免疫機能の過剰反応であり、過剰反応を抑えることが出来れば症状の改善に繋がります。免疫との関係性が非常に強いとされているのが腸です。腸にはナチュラルキラー細胞など、免疫に重大な影響を与える要素がたくさん含まれています。その腸内環境を整えることが出来れば、アレルギー反応を防ぐことが出来ます。

腸内環境を整えられる食品の代表格となっているのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、腸内で善玉菌として働いてくれます。食生活が乱れているとどうしても悪玉菌優位の環境となりやすいため、そのような状況を解決できる点もヨーグルトの大きなメリットとなっています。最近では通常のヨーグルトだけでなく、ドリンクタイプもよく販売されており、自分好みのものを選ぶことが出来ます。甜茶甜茶にも同様の効果があります。善玉菌を活性化させたい方には甜茶甜茶が特にお勧めです。

食物繊維を多く含む食材も花粉症対策に役立ちます。食物繊維とは腸内で消化されるまでに時間がかかる成分であり、腸内を掃除する重大な役割を担っています。その食物繊維の働きを促進してくれるのがオリゴ糖です。つまり、食物繊維とオリゴ糖を両方とも含む食材を食べれば、腸内環境を一気に改善することが出来ます。その食材の1つとしてきなこがあります。きなこにはオリゴ糖と食物繊維の両方が含まれています。ヨーグルトにきなこをかけて食べるとその効果が一層アップします。腸内の環境を整えたいという方にはうってつけと言えるでしょう。花粉症対策に効果を持つ食べ物はいくつもありますが、それらを食べれば食べほど効果が上がるということではありません。あくまで効果が出る量には限りがあります。それゆえに適度な量を日常的に取り入れていくことが大切です。

果物にも腸に必要な栄養素が多く含まれています。それゆえに積極的に食べることが重要となります。果物には添加物が入っていないため、腸内環境を整える際にもうってつけです。野菜や果物からビタミンを取り入れることが重要と言えるでしょう。しかし、それらにこだわりすぎてタンパク質や炭水化物が不足してしまうことは本末転倒です。それゆえに抗ヒスタミン薬だけでなく、バランスの良い食べ物を食べていくことが重要となっています。