• ホーム
  • 花粉症で喘息になってしまう前にパタノールで症状を治めよう

花粉症で喘息になってしまう前にパタノールで症状を治めよう

せきが出ている男性

花粉症によるアレルギー反応で咳が止まらなくなったりした場合や花粉が気管支にたくさん入ってしまった場合には、喘息になってしまうことがあります。気管支が炎症を起こすことにより、喘息以外にも様々不調につながることがあるので注意が必要です。そこでお勧めなのがパタノールを使用することであり、早めの対処によって大きな不調を抑えることが出来ます。喘息は先天性によって発症することもありますが、環境因子によっても発症することが出来ます。その環境因子の1つともいえるのが花粉などのアレルギー原因物質となっています。

パタノールはオロパタジン塩酸塩などが配合されている薬です。点眼薬として使われることが多く、花粉症のシーズンになると使用する方が大幅に増加します。選択的ヒスタミンH1受容体拮抗剤であり、アレルギー症状の原因となる物質の放出を抑えてくれます。アレルギー症状を緩和したり、消失させたりすることも出来ます。パタノールは1回に1滴から2滴を1日に4回使用する必要があります。点眼薬なので、経口薬に比べると持続性が短い一方、気軽に使用することが出来ます。点眼の際には容器の先端が直接目に触れないようにすることが大切です。少しこぼれてしまった場合にはティッシュなどを使って拭きとっておきましょう。

喘息に大きく関係するのが好酸球です。好酸球は白血球の一種であり、外部から侵入した物質に反応し、必要に応じて除去する働きを発揮します。それゆえに重要な役割を持っていることは確かですが、時に過剰な反応を示してしまうことがあります。それがアレルギー反応や喘息です。好酸球の働きを正常化させるためには医薬品を使用したり、食生活を改善したりすることが重要となります。経口薬と点眼薬の両方を使うことも有効です。気管支に支障をきたしている時には無理をせずに、治療に専念することが重要となります。病院などで医薬品の成分を吸入して治療する方法もあります。吸入であれば、気管支に支障をきたしている方でも安心して使用することが出来ます。花粉症から喘息を発症すると、通常時であれば問題のないホコリなどでも発作が出てしまうことがあります。喘息が完治するまではホコリに注意しながら過ごすようにしましょう。もちろん、空気清浄機を活用することも有効です。咳がどうしても止まらなくなったときにはすぐに専用の病院を受診し、適切な治療を開始することが重要となっています。