• ホーム
  • 花粉症でせきが止まらない、抗ヒスタミン薬で抑えられる?

花粉症でせきが止まらない、抗ヒスタミン薬で抑えられる?

せきが出る女性

喉の痛みを感じるという方の場合は抗ヒスタミン薬を使うことが有効となります。人間の体にはヒスタミン受容体と呼ばれる物質があります。そこに花粉などのアレルギー原因物質が入り込むことによって、アレルギー症状が出ることに繋がります。抗ヒスタミン薬を飲むことによってヒスタミン受容体を塞ぎ、アレルギー原因物質が入り込むことを防ぎます。その結果、花粉症などのアレルギー症状を抑えることが出来ます。花粉症によって咳が出ているという方であれば、咳止めの効果も得ることが可能です。しかしながら、ヒスタミン受容体には脳にも存在します。脳のヒスタミン受容体に薬の成分が入りこむと、集中力などが妨げられることがあります。これは眠気にもつながることであるため、自動車の運転などをする予定がある場合は抗ヒスタミン薬の服用を避けることが重要と言えるでしょう。

抗ヒスタミン薬を使用する際には添付文章をよく読んでおくことが大切です。添付文章には飲み方や使用上の注意などが記載されています。効果が発生するまでには少し時間差があるため、花粉症の症状が出そうなときに予め飲んでおくことが重要となります。添付文章がない場合はインターネットなどで、抗ヒスタミン薬の飲み方について確認しておくようにしましょう。この薬は花粉症の症状による咳を抑える効果を持つものの、風邪などの咳止め効果はありません。自分の喉の痛みが花粉症によるものか、風邪や熱によるものかを確認しておくことが大切です。

抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体に作用する薬なので、全般的なアレルギー症状に効果的となっています。鼻づまりや目のかゆみなどにも効果を発揮する可能性があります。ただし、他の薬との併用によって副作用が強くなってしまうこともあるので、不安な場合は医師と相談して服用するかどうかを決めましょう。咳を止めることが出来る点も大きなメリットです。咳をすることによって炎症が強まりますます喉が痛むという方にとっても、抗ヒスタミン薬は効果的と言えます。抗ヒスタミン薬を飲むと眠気が出ることもあるので、睡眠前に飲むことが特に有効となります。たとえ効果が見られなかったとしても、服用量を増やしたり他の薬と併用したりしないようにしましょう。用法用量を守って飲み続けることが重要となっています。症状が治まったあともすぐに服用を辞めると、元の状態に戻る可能性があるので様子を見ながら服用を続けるかどうかを決めることが肝心です。