• ホーム
  • 抗ヒスタミン薬は喉が渇く副作用もある

抗ヒスタミン薬は喉が渇く副作用もある

調子が良くない女性

抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体に直接的に作用するため、高い効果を発揮するというメリットがあります。しかし、抗ヒスタミン薬には様々な副作用があることに注意が必要です。その1つは口の乾きであり、これは抗コリン作用によって起こります。抗コリン作用とは、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合することを防ぐ作用のことを言います。その結果、口の乾きや便秘などが発生することがあります。抗コリン作用を持つ医薬品の中には抗ヒスタミン薬の他に、胃腸薬なども含まれており身近な副作用とも言えるでしょう。抗ヒスタミン薬には眠気の副作用もあるので、飲むタイミングには注意が必要となります。体質によって効きすぎてしまうこともあります。副作用の出方にも個人差があるので気を付けておきましょう。

抗ヒスタミン薬の副作用の問題を解決してくれる可能性を持っているのが第2世代のアレグラです。アレグラは抗ヒスタミン薬第2世代の代表的な存在であり、効きすぎや副作用を緩和できるとあった注目されています。抗アレルギー薬を使用したときに副作用に悩まされたという方にはうってつけと言えるでしょう。アレグラはヒスタミン受容体拮抗作用と各種ケミカルメディエーター有利抑制作用などを持ちます。アレルギー性鼻炎によるくしゃみや鼻水、のどの腫れなどに困っている方にお勧めです。アレグラの主成分はフェキソフェナジン塩酸塩となっています。1日に2回の服用で効果を発揮するので、朝と夜に飲めば忙しい方も安心です。

アレグラは副作用の少ない抗アレルギー薬ですが、相性によっては発生することもあります。特に唾液の分泌が悪くなる、喉が渇くといった症状は発生しやすいです。現れ方には個人差があるので1度飲んで様子を見てみることも重要と言えるでしょう。抗ヒスタミン薬を飲む予定がある場合は、喉が渇くことを想定して水などを多めに準備することが大切です。眠気の出方にも個人差があります。人によっては機械の操作や仕事などが行えないほど眠くなる方もいますが、中には眠気を感じないという方もいます。アレグラの副作用としては眠気の他にも、頭痛や吐き気、めまいなどがあります。それらの症状はある程度想定されるものではありますが、呼吸困難や血圧低下などが発生した場合にはすぐに服用を取りやめる必要があります。その他、普段とは全く異なる身体の不調があった場合にも医師に相談することが大切です。医薬品との相性により、唾液の量への影響も異なります。